等価交換や駐車場経営

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

等価交換という方法もあります。これは、土地を自分で、また建築について必要な資金を買主が出資して、自分は出資した土地の評価額に相当する建物の区分所有権を受けるという方法です。有効活用できる土地でもリスクを抱えるのが不安という場合に利用できますが、土地の所有権利が喪失しますし、減価償却はできません。

駐車場土地活用のため、駐車場経営を行うという方も多くなっています。アパート建築や住宅を建築するという場合と比較すると、初期投資が少なくて済み、転用、更地への復帰なども簡単出来るというメリットを持っている半面、税制上のメリット、収益性は少なく、立体駐車場にする場合、設備の維持に費用がかかるという点、さらに転用、更地に戻すという時費用がかかるという点がデメリットです。

こうした土地活用の方法の中には、アパート建築、マンション建築、経営なども含まれます。土地活用方法としても利用される方法ですし、最近は家賃収入を不労所得として捉え、老後の生活資金や、貯蓄などに利用する方が多くなっています。投資という面でも、このアパート建築やマンション建築は非常に魅力的ですが、やはり土地活用するためのメリット、デメリットが存在してますので、理解しておくことが必要です。

Published by