等価交換や駐車場経営

等価交換という方法もあります。これは、土地を自分で、また建築について必要な資金を買主が出資して、自分は出資した土地の評価額に相当する建物の区分所有権を受けるという方法です。有効活用できる土地でもリスクを抱えるのが不安という場合に利用できますが、土地の所有権利が喪失しますし、減価償却はできません。

駐車場土地活用のため、駐車場経営を行うという方も多くなっています。アパート建築や住宅を建築するという場合と比較すると、初期投資が少なくて済み、転用、更地への復帰なども簡単出来るというメリットを持っている半面、税制上のメリット、収益性は少なく、立体駐車場にする場合、設備の維持に費用がかかるという点、さらに転用、更地に戻すという時費用がかかるという点がデメリットです。

こうした土地活用の方法の中には、アパート建築、マンション建築、経営なども含まれます。土地活用方法としても利用される方法ですし、最近は家賃収入を不労所得として捉え、老後の生活資金や、貯蓄などに利用する方が多くなっています。投資という面でも、このアパート建築やマンション建築は非常に魅力的ですが、やはり土地活用するためのメリット、デメリットが存在してますので、理解しておくことが必要です。

土地活用には駐車場経営が簡単です。

余った土地を活用しようと思ったことはないでしょうか?田舎の土地であれば、売却もいいのかもしれません。しかし、売却すれば、税金がかかったり、売却益が出る場合にも多額の納税が発生することもあります。それよりも土地活用をやっていけば、より収益を生む存在になると考えてみてください。

そこで駐車場経営が頭に浮かんできます。駐車場経営は、土地活用としてはもはや周知のものです。今では少し離れた郊外や隙間の土地であっても、駐車場経営が成り立つ場合があります。コインパーキングであれば、無人で24時間収益を生むのですから、これほど手っ取り早い手法はないのかもしれません。うまくいけば、もっと土地を購入しての駐車場経営もできます。

しかし、同じ地域に駐車場がたくさんできれば、稼働率も下がってきます。そのため、需要と供給をしっかりとリサーチした上でどこの地域に駐車場を構えるのかを決めてください。他にも、24時間収益を考えているのであれば、平日のみ土日より駐車料金を安くするのも一つの手でしょう。また、一日料金などを設定すれば、他の駐車場との差が生まれるのではないでしょうか。土地活用にはいろいろなアイデアを参考にしてみましょう。

高級なマンションの駐車場のことについて知る

マンションには駐車場がつきものですが、高級マンションの駐車場とはどのようになっているのでしょうか。東京などでは地下に駐車場が設置されている場合もあります。デパートの地下駐車場のようになっており、ゲートがありますので関係の無い車が入ることはありません。また車上あらしの防犯のためにカメラなども設置されています。ですので安心して車を停めることができるのです。

また、地下にあるということもあり雨の日も猛暑のときにも車にダメージを与える事はありません。駐車場のほうからマンションの内部に入れるようになっていますので、大雨のときにも全く濡れることなく外出することができますので非常に便利なのです。やはり高級なだけあり、駐車スペースにも気を遣っているのです。

高級マンションには実は明確な定義はありません。家賃や価格がいくらからが高級マンションといえるのかは決まっていませんが、少なくとも駐車場にも気を遣っていることが条件です。