アパート建築等で土地活用

アパート建築アパート建築マンション経営などは、今、投資という面でも非常に注目されていて、若い世代についても、アパート建築を行って家賃収入を得て貯蓄、またマンションを購入しそこを賃貸として家賃収入を得るという方法を行っている方が多くなっています

投資という面でも魅力的なアパート建築ですが、土地活用という面でも魅力を持っています。使っていない土地にアパートを建築する事で、借主で空き室が無くなれば、定期的に決まった金額が黙っていても入ってきます。管理などは不動産業者や管理業者に行ってもらう事が出来るので、その費用を考えてもいい土地活用といえるでしょう。

安定的な収入、税制上の優遇措置を受けることができ、しかも賃貸志向が高くなっている現代、アパートの利用者は多いと考えることができます。ただ全くデメリットがないという事もなく、建物法令上の制限に気を付けてアパート建築を行わなくてはなりませんし、空き室のリスクがあります。また転用が困難という点でも、土地活用のデメリットといえます。

アパート建築は費用がかかるものなので、安易に行う方は少ないと思います。アパート建築に困ったときは、必ず不動産業者さんに将来のことを考えてよく相談をすることをお勧めします。リスクが少なくできる方法を考慮し、しっかりと考えていく必要があります。

老後の自分年金にマンション経営

マンション経営というと以前は、税金対策とか、値上がり期待という人が多かったと思いますが、バブルがはじけて以降、不動産は値下がりを続けているのはご存じの通りです。値上がり期待という意味では不動産はリスクが大きいというよりは、かなり危ない投資といえます。

しかし低金利の今、不動産に目を向けると、少なくとも5%程度の利益を稼ぐ物件はいくらでもあります。一戸建てなどの場合ですと、修理やその他のメンテナンスなどで結構面倒な部分が出てきますが、マンションの場合、管理は管理会社に任せておくだけで、あとは家賃をもらうだけです。駅が近く交通の便がよいところで管理がしっかりしているところを選べば空き室のリスクもほとんどありません。やはり空き室のリスクによって、疑念をもたれる可能性が高くなります。

特にサラリーマンなどの場合は、現役の時代にマンションに投資し、定年後、収入がなくなっても、賃貸マンションの経営で継続的に一定の収入を得ることで、将来の年金不安に対しても、人生設計がやりやすくなります。老後のことを考えれば、マンションに投資することは大きな財産になること間違いないでしょう。