アパート建築等で土地活用

アパート建築アパート建築マンション経営などは、今、投資という面でも非常に注目されていて、若い世代についても、アパート建築を行って家賃収入を得て貯蓄、またマンションを購入しそこを賃貸として家賃収入を得るという方法を行っている方が多くなっています

投資という面でも魅力的なアパート建築ですが、土地活用という面でも魅力を持っています。使っていない土地にアパートを建築する事で、借主で空き室が無くなれば、定期的に決まった金額が黙っていても入ってきます。管理などは不動産業者や管理業者に行ってもらう事が出来るので、その費用を考えてもいい土地活用といえるでしょう。

安定的な収入、税制上の優遇措置を受けることができ、しかも賃貸志向が高くなっている現代、アパートの利用者は多いと考えることができます。ただ全くデメリットがないという事もなく、建物法令上の制限に気を付けてアパート建築を行わなくてはなりませんし、空き室のリスクがあります。また転用が困難という点でも、土地活用のデメリットといえます。

アパート建築は費用がかかるものなので、安易に行う方は少ないと思いますが、不動産業者さんによく相談して、リスクが少なくできる方法を考慮し、しっかりと考えていく必要があります。

等価交換や駐車場経営

等価交換という方法もあります。これは、土地を自分で、また建築について必要な資金を買主が出資して、自分は出資した土地の評価額に相当する建物の区分所有権を受けるという方法です。有効活用できる土地でもリスクを抱えるのが不安という場合に利用できますが、土地の所有権利が喪失しますし、減価償却はできません。

駐車場土地活用のため、駐車場経営を行うという方も多くなっています。アパート建築や住宅を建築するという場合と比較すると、初期投資が少なくて済み、転用、更地への復帰なども簡単出来るというメリットを持っている半面、税制上のメリット、収益性は少なく、立体駐車場にする場合、設備の維持に費用がかかるという点、さらに転用、更地に戻すという時費用がかかるという点がデメリットです。

こうした土地活用の方法の中には、アパート建築、マンション建築、経営なども含まれます。土地活用方法としても利用される方法ですし、最近は家賃収入を不労所得として捉え、老後の生活資金や、貯蓄などに利用する方が多くなっています。投資という面でも、このアパート建築やマンション建築は非常に魅力的ですが、やはり土地活用するためのメリット、デメリットが存在してますので、理解しておくことが必要です。

土地活用「売却と借地」

土地消費税増税などによって住宅の駆け込み需要もありましたが、現在は一段落という所です。老後、また生活をより向上させるために、土地活用を考えているという方も少なくないでしょう。土地活用の方法は様々です。ここでは、土地活用について、売却、定期借地という面で、メリット、デメリットをお伝えします。

土地活用については収益性リスクなどを考慮しなければなりませんし、メリットやデメリットなども考えなくてはなりません。短期間に多額な利益が欲しいという場合、また長期的に安定した利益を確保したい等、土地活用を考える方々それぞれで、考え方も違います。

土地活用で短期的に大きな利益を欲しいという場合、土地売却という方法があります。メリットとしては、資産の組み換えが可能になるという点と、相続税資金を確保できるという面が挙げられます。デメリットとしては収益機会を失うという事と、譲渡費用や譲渡税が発生するという面です。土地を売却する場合は、一箇所ではなくなるべく複数の不動産に査定してもらうようにしましょう。時間を多少かけてでも比較して検討するようにして下さい。また、簡単に比較が出来る土地売却の一括査定サイトなどもありますので、参考にしてみると良いでしょう。

長期的な面で考えてみると定期借地として利用するという方法もあります。この場合税制上の優遇措置がありますし、借入などによるリスクは考えなくてもよくなります。デメリットとしては転用が長くできなくなるという点、収益源が土地代という事になるので、アパート建築、経営などと比較すると収益性に劣るという点が挙げられます。

アパート建築と土地活用について

空き家問題が各地域で起っていることをご存知でしょうか。高齢化時代になり、実家に暮らしていた親世代が病気などで死亡し、その家に暮らすものがいなくなった、息子夫婦は都市部に家を持っているため、その実家に帰る事はない、こういう場合、住宅をそのままにしておくことも多いのですが、こうした空き家が各地に多くなり、問題が起こっているのです。空き家問題

まだ新しい物件で賃貸として貸し出す事が出来れば、家財道具などの親世代が利用していたものを処分し、賃貸中古物件として貸し出す、また売却するという事もできますが、古い家の場合、そのままにしておくことが多くなります。人が暮らしを営んでいない家というのは傷みが激しく、朽ちていくのも早いです

隣近所の方は危険を感じ、家を解体してくれと言ってくることもありますが、解体工事を行うことでそこは土地となります。住宅用地は住宅が建っている場合の固定資産税と比較すると4倍も高くなる可能性があるのです。

高くなるというよりも、特例が受けられなくなるため、実際に税金の額が高くなるという事になるのですが、こういう事を考慮し、物件をそのままにしてしまう方が多くなっています。もし解体という事を考えているのなら、そこにアパート建築を行い、家賃収入を得る事が出来る環境もあるでしょう。

当サイトはアパート建築による土地活用という事をみなさんに紹介します。思い切って今使っていない住宅を解体し、アパート建築する事によって、生活が楽になる、老後の資金対策になるという事も考える事が出来ます。参考にしてくだされば幸いです。