アパート建築と土地活用について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

空き家問題が各地域で起っていることをご存知でしょうか。高齢化時代になり、実家に暮らしていた親世代が病気などで死亡し、その家に暮らすものがいなくなった、息子夫婦は都市部に家を持っているため、その実家に帰る事はない、こういう場合、住宅をそのままにしておくことも多いのですが、こうした空き家が各地に多くなり、問題が起こっているのです。空き家問題

まだ新しい物件で賃貸として貸し出す事が出来れば、家財道具などの親世代が利用していたものを処分し、賃貸中古物件として貸し出す、また売却するという事もできますが、古い家の場合、そのままにしておくことが多くなります。人が暮らしを営んでいない家というのは傷みが激しく、朽ちていくのも早いです

隣近所の方は危険を感じ、家を解体してくれと言ってくることもありますが、解体工事を行うことでそこは土地となります。住宅用地は住宅が建っている場合の固定資産税と比較すると4倍も高くなる可能性があるのです。

高くなるというよりも、特例が受けられなくなるため、実際に税金の額が高くなるという事になるのですが、こういう事を考慮し、物件をそのままにしてしまう方が多くなっています。もし解体という事を考えているのなら、そこにアパート建築を行い、家賃収入を得る事が出来る環境もあるでしょう。

当サイトはアパート建築による土地活用という事をみなさんに紹介します。思い切って今使っていない住宅を解体し、アパート建築する事によって、生活が楽になる、老後の資金対策になるという事も考える事が出来ます。参考にしてくだされば幸いです。

Published by