アパート建築等で土地活用

アパート建築アパート建築マンション経営などは、今、投資という面でも非常に注目されていて、若い世代についても、アパート建築を行って家賃収入を得て貯蓄、またマンションを購入しそこを賃貸として家賃収入を得るという方法を行っている方が多くなっています

投資という面でも魅力的なアパート建築ですが、土地活用という面でも魅力を持っています。使っていない土地にアパートを建築する事で、借主で空き室が無くなれば、定期的に決まった金額が黙っていても入ってきます。管理などは不動産業者や管理業者に行ってもらう事が出来るので、その費用を考えてもいい土地活用といえるでしょう。

安定的な収入、税制上の優遇措置を受けることができ、しかも賃貸志向が高くなっている現代、アパートの利用者は多いと考えることができます。ただ全くデメリットがないという事もなく、建物法令上の制限に気を付けてアパート建築を行わなくてはなりませんし、空き室のリスクがあります。また転用が困難という点でも、土地活用のデメリットといえます。

アパート建築は費用がかかるものなので、安易に行う方は少ないと思います。アパート建築に困ったときは、必ず不動産業者さんに将来のことを考えてよく相談をすることをお勧めします。リスクが少なくできる方法を考慮し、しっかりと考えていく必要があります。

老後の自分年金にマンション経営

マンション経営というと以前は、税金対策とか、値上がり期待という人が多かったと思いますが、バブルがはじけて以降、不動産は値下がりを続けているのはご存じの通りです。値上がり期待という意味では不動産はリスクが大きいというよりは、かなり危ない投資といえます。

しかし低金利の今、不動産に目を向けると、少なくとも5%程度の利益を稼ぐ物件はいくらでもあります。一戸建てなどの場合ですと、修理やその他のメンテナンスなどで結構面倒な部分が出てきますが、マンションの場合、管理は管理会社に任せておくだけで、あとは家賃をもらうだけです。駅が近く交通の便がよいところで管理がしっかりしているところを選べば空き室のリスクもほとんどありません。やはり空き室のリスクによって、疑念をもたれる可能性が高くなります。

特にサラリーマンなどの場合は、現役の時代にマンションに投資し、定年後、収入がなくなっても、賃貸マンションの経営で継続的に一定の収入を得ることで、将来の年金不安に対しても、人生設計がやりやすくなります。老後のことを考えれば、マンションに投資することは大きな財産になること間違いないでしょう。

等価交換や駐車場経営

等価交換という方法もあります。これは、土地を自分で、また建築について必要な資金を買主が出資して、自分は出資した土地の評価額に相当する建物の区分所有権を受けるという方法です。有効活用できる土地でもリスクを抱えるのが不安という場合に利用できますが、土地の所有権利が喪失しますし、減価償却はできません。

駐車場土地活用のため、駐車場経営を行うという方も多くなっています。アパート建築や住宅を建築するという場合と比較すると、初期投資が少なくて済み、転用、更地への復帰なども簡単出来るというメリットを持っている半面、税制上のメリット、収益性は少なく、立体駐車場にする場合、設備の維持に費用がかかるという点、さらに転用、更地に戻すという時費用がかかるという点がデメリットです。

こうした土地活用の方法の中には、アパート建築、マンション建築、経営なども含まれます。土地活用方法としても利用される方法ですし、最近は家賃収入を不労所得として捉え、老後の生活資金や、貯蓄などに利用する方が多くなっています。投資という面でも、このアパート建築やマンション建築は非常に魅力的ですが、やはり土地活用するためのメリット、デメリットが存在してますので、理解しておくことが必要です。

土地活用には駐車場経営が簡単です。

余った土地を活用しようと思ったことはないでしょうか?田舎の土地であれば、売却もいいのかもしれません。しかし、売却すれば、税金がかかったり、売却益が出る場合にも多額の納税が発生することもあります。それよりも土地活用をやっていけば、より収益を生む存在になると考えてみてください。

そこで駐車場経営が頭に浮かんできます。駐車場経営は、土地活用としてはもはや周知のものです。今では少し離れた郊外や隙間の土地であっても、駐車場経営が成り立つ場合があります。コインパーキングであれば、無人で24時間収益を生むのですから、これほど手っ取り早い手法はないのかもしれません。うまくいけば、もっと土地を購入しての駐車場経営もできます。

しかし、同じ地域に駐車場がたくさんできれば、稼働率も下がってきます。そのため、需要と供給をしっかりとリサーチした上でどこの地域に駐車場を構えるのかを決めてください。他にも、24時間収益を考えているのであれば、平日のみ土日より駐車料金を安くするのも一つの手でしょう。また、一日料金などを設定すれば、他の駐車場との差が生まれるのではないでしょうか。土地活用にはいろいろなアイデアを参考にしてみましょう。

高級なマンションの駐車場のことについて知る

マンションには駐車場がつきものですが、高級マンションの駐車場とはどのようになっているのでしょうか。東京などでは地下に駐車場が設置されている場合もあります。デパートの地下駐車場のようになっており、ゲートがありますので関係の無い車が入ることはありません。また車上あらしの防犯のためにカメラなども設置されています。ですので安心して車を停めることができるのです。

また、地下にあるということもあり雨の日も猛暑のときにも車にダメージを与える事はありません。駐車場のほうからマンションの内部に入れるようになっていますので、大雨のときにも全く濡れることなく外出することができますので非常に便利なのです。やはり高級なだけあり、駐車スペースにも気を遣っているのです。

高級マンションには実は明確な定義はありません。家賃や価格がいくらからが高級マンションといえるのかは決まっていませんが、少なくとも駐車場にも気を遣っていることが条件です。

土地活用「売却と借地」

土地消費税増税などによって住宅の駆け込み需要もありましたが、現在は一段落という所です。老後、また生活をより向上させるために、土地活用を考えているという方も少なくないでしょう。土地活用の方法は様々です。ここでは、土地活用について、売却、定期借地という面で、メリット、デメリットをお伝えします。

土地活用については収益性リスクなどを考慮しなければなりませんし、メリットやデメリットなども考えなくてはなりません。短期間に多額な利益が欲しいという場合、また長期的に安定した利益を確保したい等、土地活用を考える方々それぞれで、考え方も違います。

土地活用で短期的に大きな利益を欲しいという場合、土地売却という方法があります。メリットとしては、資産の組み換えが可能になるという点と、相続税資金を確保できるという面が挙げられます。デメリットとしては収益機会を失うという事と、譲渡費用や譲渡税が発生するという面です。土地を売却する場合は、一箇所ではなくなるべく複数の不動産に査定してもらうようにしましょう。時間を多少かけてでも比較して検討するようにして下さい。また、簡単に比較が出来る土地売却の一括査定サイトなどもありますので、参考にしてみると良いでしょう。

長期的な面で考えてみると定期借地として利用するという方法もあります。この場合税制上の優遇措置がありますし、借入などによるリスクは考えなくてもよくなります。デメリットとしては転用が長くできなくなるという点、収益源が土地代という事になるので、アパート建築、経営などと比較すると収益性に劣るという点が挙げられます。

参考土地売却サイト:スマイスター

効率のいい土地活用を心がけましょう。

効率のいい土地活用をするためにも、空き地となっている土地は、マンション建設や駐車場などの不動産に利用し、収益を得ることを考えることがいいと思います

そもそも土地を持っていると、維持費がかかりますので、持っているだけで放置しておくことは大変もったいないです。立地がいい所であれば、マンション建設することもよいと思われますが、そうすると莫大な費用がかかるので、駐車場であれば、整備のみですみます。空き地を見つけて地主に連絡し駐車場になった場合は報酬をもらうような仕事もあるようです。結構な報酬額になるようですので、私も機会があれば、ぜひしてみたいと思います。空き地から駐車場になることで、毎月、駐車場代の収入が入るようになれば、地主の方にとっても、とてもいい話であると思います。地主の方は、空いている土地をできるだけなくすことを心がけることで、駐車場などにすることにより、土地活用を効率よくしていきましょう。

借地借家法と敷金の関係

日本の法律では、借地借家法というものがあり、借りる方の我々ですが、その立場を守る内容が多くあるようです。例えば、最初に契約書にサインや捺印をして入居したとしても、我々に不利な内容の場合は、いくら不動産業者や大家側が契約書があるといっても無効に出来るそうです。国の定める基準に沿ってということですが、正常な契約分を支払えばいいということですね。

もちろんこちらの落ち度で壁を傷つけたとか穴お開けたとかその他の落ち度はその一部を負担することは当然ですが。借り手の利益を害するものはその契約自体が無効になるということらしいですね。法律上は年数が過ぎるための壁や畳の汚れなどは当然の経過で支払っている家賃の中にその分が含まれているそうです。ですのでそのことで敷金から引かれるのはおかしいということですね。

大家さん自身もそのことを知らない人もけっこういるのではないでしょうか。まずそれらの法律を認識してもらうようにすれば、トラブルも回避される場合もあると思います。そうすれば敷金も正常の範囲で返還されるのではないでしょうか。どちらにしても借りる側と貸す側の度を越した請求は、通らなくなっているということでしょう。当然のことですが。

アパート建築と土地活用について

空き家問題が各地域で起っていることをご存知でしょうか。高齢化時代になり、実家に暮らしていた親世代が病気などで死亡し、その家に暮らすものがいなくなった、息子夫婦は都市部に家を持っているため、その実家に帰る事はない、こういう場合、住宅をそのままにしておくことも多いのですが、こうした空き家が各地に多くなり、問題が起こっているのです。空き家問題

まだ新しい物件で賃貸として貸し出す事が出来れば、家財道具などの親世代が利用していたものを処分し、賃貸中古物件として貸し出す、また売却するという事もできますが、古い家の場合、そのままにしておくことが多くなります。人が暮らしを営んでいない家というのは傷みが激しく、朽ちていくのも早いです

隣近所の方は危険を感じ、家を解体してくれと言ってくることもありますが、解体工事を行うことでそこは土地となります。住宅用地は住宅が建っている場合の固定資産税と比較すると4倍も高くなる可能性があるのです。

高くなるというよりも、特例が受けられなくなるため、実際に税金の額が高くなるという事になるのですが、こういう事を考慮し、物件をそのままにしてしまう方が多くなっています。もし解体という事を考えているのなら、そこにアパート建築を行い、家賃収入を得る事が出来る環境もあるでしょう。

当サイトはアパート建築による土地活用という事をみなさんに紹介します。思い切って今使っていない住宅を解体し、アパート建築する事によって、生活が楽になる、老後の資金対策になるという事も考える事が出来ます。参考にしてくだされば幸いです。

余ってる土地があるなら土地活用をかんがえて

土地ってもってるだけではただ大変な事ばかりになってしまいます。固定資産税はしっかりかかってくるしその他にも維持費だけでも大変なお金がかかってしまいます。

しかし、折角土地をもっていながらも、勿体無いことをしています。ぜひ土地活用を考えてみてはいかがでしょうか。土地を上手に活用すればその土地がたくさんお利益を生み出してくれる事もあります。他にも、土地の活用方法はたくさんあります。マンションを建ててその家賃収入で稼いだり、簡単な方法だと最近出ている話題ではコインパーキングをする方が多いようです。ただマンションやコインパーキングもその土地の特性を理解して設置しなければいけません。土地が余ってコインパーキングを作っても、どこ家もガレージがついているようであれば誰も停めてくれません。折角の土地活用ですので、計画的に進め、また土地活用のプロみたいな相談できる人を探してみましょう